agaの診断は難しい!?他の脱毛症との違いを把握したうえで対策を

agaと脂漏性脱毛症を見分けるためには

agaが厄介なのは発症してはじめて自覚できる脱毛症であることです。自分は発症するかどうか、何歳になって発症するのか、などは事前に予測することができません。またagaの初期症状は脂漏性脱毛症と似ており、過剰な皮脂分泌が原因の薄毛だと考えていたらagaだったという事例は多いです。自身の脱毛症は自己診断することが難しいため、医療機関や育毛サロンでチェックしてもらうのが確実でしょう。

agaは毛根と頭皮チェック、脱毛部位などを調べることで判断できます。抜け毛が急激に増えているのに、側頭部や後頭部の頭髪は減っていないという場合は、非常に高い確率でagaが疑われます。脂漏性脱毛症が単発で発症した場合は、すべての部位に薄毛が及ぶのが一般的です。

なぜ食生活の改善がaga対策になるのか

血液がスムーズに流れない状態は、頭髪によくありません。血液は食事から補給した栄養を髪に届ける役割があり、ドロドロ血液になると栄養の運搬力が低下します。そのためaga対策では血液を綺麗にする食生活を実践する必要があります。動脈硬化を予防する食生活はaga対策に最適で、例えば黒酢や青魚、野菜ジュースなどがおすすめです。

塩分や脂肪、炭水化物の摂りすぎは動脈硬化を促進するので避けてください。健康診断の数値をチェックすれば、薄毛のリスクをある程度判断できます。肥満や脂質異常症、高血糖などに該当する人は、髪に十分な栄養を届けられていない可能性があります。健康体を維持することは病気を予防するだけでなく、agaの進行を抑えるメリットもあるのです。

agaを札幌の病院で治療するなら、医師による初診とカウンセリング、さらに、マイクロスコープを使った頭皮診断や血液検査も全て無料の病院があります。気軽に相談できると好評です。