agaの原因ってどんなこと?自分でできる対策はある?

遺伝や男性ホルモンとの関係性

agaの原因は主に3つあるといわれており、先天的な原因としては遺伝があります。遺伝子上agaになりやすい家系の場合、子供や孫がなる可能性は高いです。特に男性の場合、母方の祖父がagaになりやすい遺伝子を持っていた場合、5割以上の確率で発症するといわれている為、参考にしてください。

それ以外の場合、5gリダクターゼが過剰に分泌されていると発症する可能性はあります。男性ホルモンが過剰に分泌されても、5gリダクターゼの働きが活発でないならagaとなる可能性は低いです。しかし、働きが活発であった場合、男性ホルモンであるテストステロンが、体内でジヒドロテストステロンと呼ばれる成長抑制因子に変化します。成長抑制因子はagaとなる可能性を高める原因として知られている為、成分を抑えることが対策につながる可能性は高いです。

生活習慣の乱れは頭皮の栄養不足に

遺伝子や男性ホルモン以外の原因となるのが生活習慣です。先天的要素に問題はなくても、生活習慣の乱れによって後天的になる可能性もあると考えられています。運動不足・睡眠不足・睡眠時間の乱れによって、自律神経やホルモンバランスを崩すことが原因となる可能性は高いです。また、栄養バランスの乱れや過度なダイエットは髪を作るのに必要となる栄養が足らなくなるため、育毛できなくなって発症する可能性につながります。喫煙・毎晩のように飲む飲酒・過度のストレスなどは血流を悪化させて頭皮に栄養を届かなくさせる可能性が高いです。対策として、規則正しい生活・栄養バランスが整った食生活・禁煙・適度な運動・ストレスを解消するといったことが必要となります。

agaを新宿で治療するなら、初回カウンセリングが無料のクリニックを選びましょう。頭皮診断や血液検査も無料のクリニックもあります。