髪が薄くなったら!?自分でできるaga対策から始めよう

早めにaga対策を始めるために

agaの始まりは頭皮と髪質の変化であり、変化した部分にアプローチをするのがaga対策の基本です。例えば頭皮がギトギトしてきたなら、オイリー肌を解消していくのです。抜け毛が増えているなら育毛シャンプーと育毛剤でケアしてみましょう。転職後は薄毛になりやすいと言われていますが、これは職場環境の変化によるストレスが大きいと言われています。ストレスは毛細血管を収縮させて、頭皮の血行を悪くしたり、地肌を硬くしたりするのです。agaの要因で盲点になりやすいのは、aga自体のストレスです。薄毛の悩みを放置しておくことがストレスとなり、さらなる薄毛を招いてしまいます。agaは早ければ20代から始まりますので、若いから大丈夫という考えは禁物です。

運動がaga対策によいと言われる理由

運動は自律神経を整えてくれるので、身体と心のバランスを調整します。無理のない範囲で運動を取り入れることで、ストレス解消や新陳代謝の促進などのメリットを期待できます。健康診断で血流が悪いと指摘された方が、運動を日課にしたらサラサラ血液に変わったという話は少なくありません。ドロドロ血液では毛母細胞に十分な栄養を届けられず、agaを促進させてしまいます。運動をして汗をかけばデトックス作用も期待でき、体内に蓄積していた老廃物を追い出して毛母細胞を元気にできます。運動不足が続くと肥満を促進しますが、肥満もagaの原因になるのです。カロリーの摂り過ぎ、栄養バランスの乱れなどは、髪質を悪化させるので注意してください。

フランスでは、薄毛の男性はセクシーと捉えられているのを知っていますか?しかし、日本では薄毛は好ましくないと捉えられてしまうことが多いです。京都在住でしたら、agaを京都で治療してみてはいかがでしょうか